パラリンピック 我孫子市出身選手 銅メダル獲得!

LINEで送る

 

ウィルチェアーラグビー 今井 友明ともあき選手

我孫子第四小学校・白山中学校卒業
2009年からウィルチェアーラグビーを始め、2013年に日本代表に選出。2015年には日本代表のアジア・オセアニア・チャンピオンシップ優勝に貢献。

リオパラリンピックのウィルチェアーラグビー(車いすラグビー)で、日本代表が銅メダルを獲得しました。
大会最終日の9月18日、日本は3位決定戦でカナダと対戦し、52-50で勝利。我孫子市出身の今井友明選手もトライを決め、勝利に貢献しました。
車いすで競技するウィルチェアーラグビーは、2000年のシドニー大会から正式競技となり、2004年大会から出場している日本は、前回のロンドン大会でベスト4と、これまでメダルには届いていませんでした。
リオパラリンピックでは1次リーグを2勝1敗で突破し、準決勝ではオーストラリアに57-63で敗れたものの、3位決定戦ではウィルチェアーラグビー発祥の国である強豪のカナダを倒し、見事銅メダルを獲得しました。
おめでとうございます!

 

LINEで送る