【自慢の家族】寿在住の酒井 巳子松さん

LINEで送る

「健康の秘訣は、50~60歳の時から毎朝食べているにんにくみそ漬けと、10時に食べるヨーグルト。最近は風邪をひかなくなりました」。そう、お元気に語ってくれたのは寿在住の酒井 巳子松さん。今年で百歳を迎えたご長寿です。

日々の楽しみは、時代劇と相撲。ベッドから自分で起きて椅子に座りながら鑑賞しているそうです。手先が器用で、週に2回通っているデイサービスで使うためのゴミ箱を広告で作るのも酒井さんは昔から几帳面な性格で、今も変わらないそうです。

以前は、お酒もタバコも大好きだったとのこと。70歳位の時に心筋梗塞で一週間昏睡状態になったのをきっかけに禁煙したそうです。その後も大好きなお酒は毎日2合飲んでいましたが、90歳になられたのをきっかにお酒も控えるようになったそうです。ただ、お正月だけは、現在もお酒を楽しむそうです。

普段のお食事は、義娘さんがご用意されているとのこと。食べやすいように柔らかめに作ってお食事を2階の寝室に運んでいるそうです。1階に降りる時などはサポートしながら上り下りしているそうです。義娘さんのお父様がご健在でしたら巳子松さんと同じ百歳になられるとの事で、自分のお父さんのような感じです。とお話してくれました。ご家族の絆と温かさが感じられるとても素敵なご家族だと思いました。

 

LINEで送る