青木功さん 我孫子市の「ふるさと大使」に

LINEで送る

我孫子の魅力を多くの方に認知していただくことを目的に、我孫子市ふるさと大使制度を創設し、第一号として我孫子市出身のプロゴルファー青木功さんを任命しました。

青木さんは、我孫子市立第二小学校、我孫子中学校の卒業生。
卒業後は「我孫子ゴルフ倶楽部」で腕を磨き、1964年にプロ入り。その後、日本ゴルフ界を代表する名ゴルファーの一人として活躍してきました。現在は、日本プロゴルフ永久シードを保持し、2004年に世界ゴルフ殿堂入り、2008年に紫綬褒章、2015年には、旭日小綬章を受章し、2016年より日本ゴルフツアー機構会長に就任しています。

9月22日午後6時より「あびこショッピングプラザ ガーデンコート」でふるさと大使任命式が行われる予定でしたが、当日は雨天の為、急遽あびこショッピングプラザ3F「あびこ市民プラザ」で就任式が行われました。会場には「世界のアオキ」を一目見ようと、会場に入りきれない程の多くの方が来場しました。星野市長からふるさと大使の委嘱状を手渡された青木さんは、「ふるさとの良いところをいろいろな所でPRしていきたい」と話してました。その後トークショーが開かれ、中央学院大学女子ゴルフ部2名とゴルフの楽しさ、難しさ、上達方法などを語り、抽選で選ばれた方にワンポイントレッスンでパターのコツを丁寧に教えていました。

LINEで送る