我孫子市指定文化財の薬師三尊像と十二神将の御開帳

LINEで送る

毎年2月11日(祝)に、湖北地区中里で我孫子市指定文化財の薬師三尊像と十二神将の御開帳が行われます。中里薬師堂の15体は約200年前の享和年間(江戸時代後期)に制作されたと言われています。薬師如来を信じる人を守護するとされる十二神将の12体が全て揃っている所は我孫子市内でここだけとなっており、大変貴重なものです。
「一昨年、100年に1度の修復を終え復元された薬師三尊像と、今回は十二神将の内、うま・さる・とりも修復され、きれいになり仏像本来の迫力、魂が宿った力強いものとなりました。ぜひ多くの方にご覧いただけたら。」と中里薬師堂奉賛会事務局長の松下さん。
2月11日のご開帳のほかに、2月25日からは我孫子市文化財展への特別出開帳もあります。市内の貴重な仏像の歴史に、思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

日時/2月11日(土) 10時~15時

場所/我孫子市中里238 (湖北駅より徒歩5分)
費用/無料
申・問/中里薬師堂奉賛会 松下さん
℡/090-2542-3400

********************

《 特別出開帳 》我孫子市文化財展
日時/2月25日(土)~28日(火) 10時~17時

場所/我孫子市民プラザギャラリー
費用/無料
申・問/我孫子市教育委員会 文化・スポーツ課
℡/7185-1583

LINEで送る