県立我孫子高校「教員基礎コース」

LINEで送る

平成29年度より実施 県立我孫子高校「教員基礎コース」

将来、先生になりたいな…と思っている中学生に朗報です。4月より県立高校で「教員基礎コース」が新設され、東葛地区では初めて我孫子高校でスタートします。中山公央校長先生にお話を伺いました。

–教員基礎コースの概要を教えてください。

コース設置の目的は「教育に関心を持ち、将来教員を目指す生徒が、教員としての基礎的な素養を身に付けるとともに、夢や意欲、職業意識等を育くむため」と県立学校改革推進プランに書かれています。先生になりたいという夢を持った生徒を、在学中からバックアップし単位もとれるようにしよう、ということです。

–どのような内容ですか?

近隣だけでなく県外も含め短大や大学と連携協定を結び、出前授業や特別講座、大学の講義体験、学生との交流会などを実施します。(連携協定締結済/茨城大学教育学部・日本体育大学・千葉敬愛短期大学・麗澤大学・開智国際大学・川村学園女子大学他。今後、追加締結の予定あり)

–大学との連携とはどのようなことでしょうか?

入学前に聴講生として大学へ行ったり、大学の先生から授業を受け学ぶ事で学校の雰囲気や環境を知ることが可能となり、自分の将来を想像できるとても貴重な体験です。昨年の夏休みにはプレ講座として、大学の教授を講師にお迎えし2泊3日の宿泊研修を行いました。また、市内の各学校から依頼のある時に、行事や授業のお手伝いなど教育ボランティアとして伺います。

–我孫子高校が選定された理由は?

卒業後の進路を追跡調査していく中で、我孫子高校を卒業後に保育園や幼稚園、小中学校の教員になっている生徒が毎年約30名おり、全国で活躍しているというデータからです。

–毎年約30名は多い印象ですね。

我孫子高校の誇れる点です。文武両道の校訓にならい、部活に一生懸命。部活が終われば勉強に一生懸命。時にはボランティア活動に一生懸命。3年間の活動を生かし、教員になる素養を身に着けていくのだと思います。特に、部活動で培われる体力と切り替えの上手さがポイントではないかと考えています。我孫子高校での様々な体験を通し、教員への夢をかなえてほしいと願っています。

後日、台湾から訪日学校交流の一団が昨年に引き続き我孫子高校を指定し来日すると聞き取材へ伺いました。言葉が通じないながらも華道・茶道・剣道の日本文化体験で温かくもてなす生徒たち。双方の生徒が笑顔で楽しむ姿から国際交流の輪が広がっていくと感じました。我孫子高校の今後の活躍に期待です。

LINEで送る