あびこニュース 5月号のご案内

LINEで送る

「あびこ子ども食堂」のご案内

あびこ子ども食堂我孫子駅南口より徒歩1分の便利な場所にキッチン付きのおしゃれなレンタルスペース「ハコカラ」があります。そこで始まった新たな試みが「あびこ子ども食堂」。子ども向けの習い事?給食が食べられるの? いえいえ、違います。断捨離や最小限の物で暮らすミニマリストなど物に縛られない暮らしを提唱する流行があるいま、裏を返せばいかに物があふれているのかを考えさせられます。そのような中において子どもの6人に1人が貧困で、欠食や孤食(一人で食事を取ること)が確実に増えているといいます。

あびこ子ども食堂外環この現実を放っておいては良くない。家庭でも学校でもない『第3の居場所』を作り子どもの心も体も元気にしよう。「そのためにまずは、温かいごはん。楽しく食べるごはんを!」と立ち上がった我孫子市内在住で子育て中のママさん4人。偶然が重なり、引き合うように同じ思いで集まった仲間なのだそうです。考えるだけで、悩んでいては始まらない。とにかくやろう!と、3月24日に「あびこ子ども食堂」は始まりました。

それぞれが市民活動をしてきたネットワークや人脈を生かし、準備をする中で出てきた理想とは?
「昔はどこにでもあった『近所の駄菓子屋さん』のイメージなんです。人と人を結び付けるきっかになり、行くとなんだかほっとして。おなかも一杯になれば体だけじゃなく心も元気が出て、良いことが循環すると思うんです。それが我孫子を元気にしていければ。子どもだけでなく大人も居場所を探しているのでは?との思いもあり、『子ども食堂』をきっかけにいずれは地域の人々が参加できる場となれたら」と話すのは、代表の石井さん。

現在、市内の農家さんからお米の寄贈があり大人・子どもも同料金1食300円で提供していますが、寄贈や寄付は助かるので少量でも大歓迎とのこと。また、「子ども食堂」開設に興味がある方への情報提供やアドバイス・見学も可能です。興味がある方はご連絡くださいとのことでした。あびこ子ども食堂

5月の「子ども食堂」は、12日・26日(各木曜)の開催予定です。

問い合わせ/あびこ子ども食堂
担当/石井さん
電話/ハコカラ内 7170-0765


我孫子市布佐「ふさ復興会館」が完成

東日本大震災で液状化の被害を受けた布佐の東部地区に地域再生・活動の拠点「ふさ復興会館」が完成しました。3月27日に開館式典が行われ、4月11日に開館しました。

我孫子市布佐「ふさ復興会館」近隣住民から「災害時の一時避難拠点となる場所、平時は集まって交流できる場所がほしい」との要望があり、昨秋から建設を進めていました。館内には多目的ホールや会議室があるほか、災害時に被災者支援所として使えるようシャワー室や車いすでも使用可能なトイレ、台所も設置されています。多目的ホールと会議室は一般利用もできます。予約や利用方法など、詳しくはお問い合わせください。

問い合わせ/布佐二丁目自治会
担当/太田さん
電話/7106-6556


我孫子警察署かわら版

5月は、自転車利用者の交通ルール遵守及びマナー向上を促進する「自転車月間」として、自転車の安全利用に関する広報啓発活動やキャンペーン等を県内各地域で展開します。【自転車は車両の仲間】であることを認識し「自転車安全利用五則」を守り安全に利用しましょう。

自転車安全利用五則

①自転車は車道が原則、歩道は例外
自転車は、道路交通法上「車両」であり、車道通行が原則です。
②車道は左側を通行
③歩道は歩行者優先で車道寄りを徐行
歩道を走行する場合は徐行し、歩行者の通行を妨げるおそれのある場合は一時停止します。
④安全ルールを守る
飲酒運転、二人乗り、並進走行の禁止。夜間はライトの点灯、交差点での信号遵守と一時停止、安全確認。
⑤子どもはヘルメットを着用
幼児・児童には、乗車用ヘルメットを着用させるようにしましょう。


今月のお店紹介

今回は手賀沼ふれあい道道路沿いの「スーパーカスミ寿店」の向かいにある「東洋気功整体院」をご紹介します。

Q.どのような施術ですか。
現代医学では手の届かない難病によく効きます。中医学の原理に基づき、痛みの原因を追究し根本から改善します。普通の整体よりも一層高い効果を出せるように施術します。

abiko-news-2016-5-image-6Q.どのような方におすすめですか。
肩こり・五十肩・頭痛・坐骨神経痛・ヘルニア症・手足のしびれ・膝の痛み・ぎっくり腰・慢性腰痛などの痛みに効果があります。

Q.女性におすすめのコースもあるそうですね。
そうなんです。ダイエットコースは(1か月でマイナス3~5㌔)脂肪燃焼のつぼを押しながら腸のマッサージを行います。サプリメントなども不要です。肩こりなどの体の痛みを取りながらダイエットが可能ですよ。更年期総合症の方にも効果があります。

Q.なるほど、体の痛みも取れてダイエットとは一石二鳥ですね。
実は、開店2周年なんです。そこで新しいコースが登場しました。体の疲れ、ストレス解消にとても人気です。ぜひお試しください。abiko-news-2016-5-image-7


市内イベント情報

◇第9回湖北台鯉のぼりまつり

ジュニアスタッフクラブの子どもたちの企画や、米国大学生の企画など盛りだくさんです。また、今年のゲストはテレビやメディアに登場する、世界で活躍するけん玉のパフォーマンスコンビ『ZOOMADANKE(ズーマダンケ)』が来てくれます!

日時/~5月5日(祝)まで 10時~15時

場所 : 湖北台中央公園
内容 : 大空に泳ぐ鯉のぼりとイベント開催
5月5日のみイベント開催(雨天中止)
①午前:「湖北台を歩こう」
②午後:自治会対抗玉入れ、モンキーブリッジなど
費用 : ①「湖北台を歩こう」参加者のみ小学生以上100円
問合せ : 湖北台近隣センター(7187-1122)

◇谷津の自然観察会「春をつげる草花」

春の谷津には草花が輝いています。自然豊かな岡発戸・都部の谷津で春を満喫しませんか。

日時/5月7日(土) 9時30分 JR東我孫子駅南口広場集合、12時現地解散予定(荒天中止)

場所/岡発戸・都部の谷津
案内人/染谷 迪夫さん(自然観察指導員)
定員/先着20人
費用/無料
持ち物/動きやすい服装、虫眼鏡(あれば持参)
問合せ/谷津ミュージアムの会事務局(手賀沼課) 電話/7185-1111(内線465)

◇Enjoy手賀沼!~安心して下さい、遊べますよ~

風薫る5月に、一人ひとりが手賀沼とのかかわりを感じながら楽しく過ごすイベントです。

日時/5月8日(日) 9時~15時30分 (雨天決行、一部中止・変更あり)

場所/手賀沼親水広場
内容/楽しいステージや充実のフードコート。体験・遊び・学びが盛りだくさん!
問合せ/我孫子市手賀沼課 電話/7185-1111(内線467)

◇庭木の管理 「春の剪定実技」緑の講習会

庭木の消毒や樹木の病気などについて、自分で手入れするための基本を学びます。

日時/5月11日(水) 10時~12時 ※雨天時14日(土)

場所/気象台記念公園
講師/長谷川 はるみさん(樹医)
定員/先着20人
費用/500円(保険代・資料代。当日払い)
持ち物/筆記用具、剪定ばさみ、帽子、飲み物
問合せ/緑の事務局(主催:公園緑地課)へ電話(日曜、祝日を除く午前10時~18時)orファクス。
住所、氏名、電話番号を明記してください。電話/7160-3711 FAX/7160-3322

◇ぷりずむプロジェクトその9 原語で歌おう ~母へ贈る歌編~

日時/5月15日(日) 13時~14時30分

場所/アビスタ2階 ミニホール
講師:杉森のりこ(声楽家・医学気功整体師)
対象/どなたでも(音楽・語学の経験不問) 【要予約】
参加費/2000円
問合せ/ぷりずむ事務局(西廣美穂) 電話:090-2326-4510


我孫子市つくし野「つくしの4号公園」完成

abiko-news-2016-5-image-8我孫子市つくし野にある「つくしの4号公園」がバリアフリー化されリニューアル。お話を伺いました。「つくし野は1〜6丁目毎に自治会があります。全自治会による実行委員会が、毎年7月最後の週末に、つくし野4号公園を会場とする『つくし野夏祭り』を行ってきました。この夏祭りは、自治会主催イベントとして我孫子最大のもので、お祭り2日目の抽選会には多くの子どもたちを含む2000人近い人が集まります。今年38回目となるコミュニティーになくてはならないお祭りです」。新しくなった公園で市内でも最大規模の夏祭り。今年は7月30日(土)・31日(日)の開催です。楽しみですね!


『布佐の人形展』 たくさんのお人形が待っています!

地域住民が心をこめて手作りした紙人形や、つるし雛。個人で所有しているこけしや兜、フランス人形。大きな鯉のぼりから小指ほど小さな人形まで。あらゆる人形が「近隣センター ふさの風」に集まります。

日時/6月2日(木)~6日(月)9時~16時
場所/近隣センター ふさの風
費用/無料
※駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。
問/近隣センター ふさの風 電話/7181-6211

LINEで送る