7月7日開催!我孫子こども食堂やってます

LINEで送る

「あびこ子ども食堂」のご案内

我孫子駅南口より徒歩1分の便利な場所にキッチン付きのおしゃれなレンタルスペース「ハコカラ」があります。そこで始まった新たな試みが「あびこ子ども食堂」。子ども向けの習い事?給食が食べられるの? いえいえ、違います。断捨離や最小限の物で暮らすミニマリストなど物に縛られない暮らしを提唱する流行があるいま、裏を返せばいかに物があふれているのかを考えさせられます。そのような中において子どもの6人に1人が貧困で、欠食や孤食(一人で食事を取ること)が確実に増えているといいます。

あびこ子ども食堂外環この現実を放っておいては良くない。家庭でも学校でもない『第3の居場所』を作り子どもの心も体も元気にしよう。「そのためにまずは、温かいごはん。楽しく食べるごはんを!」と立ち上がった我孫子市内在住で子育て中のママさん4人。偶然が重なり、引き合うように同じ思いで集まった仲間なのだそうです。考えるだけで、悩んでいては始まらない。とにかくやろう!と、3月24日に「あびこ子ども食堂」は始まりました。

それぞれが市民活動をしてきたネットワークや人脈を生かし、準備をする中で出てきた理想とは?
「昔はどこにでもあった『近所の駄菓子屋さん』のイメージなんです。人と人を結び付けるきっかになり、行くとなんだかほっとして。おなかも一杯になれば体だけじゃなく心も元気が出て、良いことが循環すると思うんです。それが我孫子を元気にしていければ。子どもだけでなく大人も居場所を探しているのでは?との思いもあり、『子ども食堂』をきっかけにいずれは地域の人々が参加できる場となれたら」と話すのは、代表の石井さん。

現在、市内の農家さんからお米の寄贈があり大人・子どもも同料金1食300円で提供していますが、寄贈や寄付は助かるので少量でも大歓迎とのこと。また、「子ども食堂」開設に興味がある方への情報提供やアドバイス・見学も可能です。興味がある方はご連絡くださいとのことでした。あびこ子ども食堂

問い合わせ/あびこ子ども食堂
担当/石井さん
電話/ハコカラ内 7170-0765

LINEで送る