犬の熱中症はとってもキケン!

LINEで送る

例年より厳しい暑さが続く今年の夏。」熱中症の危険は、私たち人間だけでなく、犬も一緒。ここで、気をつけたいポイントを、犬のプロ「スターセブン」さんにお伺いしました。

人間は、全身からたくさんの汗で熱を体外に逃せます。けれども犬は足裏にしか汗腺がなく、汗による放熱が出来ないので、ハァハァと呼吸をして口からしか放熱ができません。なので、犬は熱中症にかかりやすいのです。犬の熱中症の主な原因は、屋外飼育、真昼間の散歩(パッドやお腹の火傷にも注意)車内放置、室内温度の上昇などが挙げられます。特に、鼻筋が短い犬種(ブルドック、パグ等)大型犬は注意が必要です。夏場のドッグラン、ドライヤーにも注意しましょう。

犬の熱中症のサイン

  • 舌をものすごく出す
  • 大量のヨダレを出す
  • ひたすらハアハアと荒い呼吸をする
  • ボーッとしている

これらの症状が一つでも出ていたら、熱中症にかかっている可能性が高いです。室外ならすぐに日陰に運び、水で濡らしたタオルなどを身体にかけます。特に頭と動脈のある脇の下などを冷やして体温を下げます。その後症状が進むと、

  • 下痢、嘔吐
  • ふるえ、痙攣
  • 意識消失

これらの症状が出てきた場合は熱中症が進んでいる可能性が高いので速やかに動物病院に連れて行きましょう。血尿が出ている場合は、更に重症化しており、死亡する確率が高くなっているキケンな状態です。熱中症は飼い主が注意をすることで防ぐことができます。散歩は、なるべく朝7時位迄には済ませましょう。初期症状が出ているのかを正しく見極めて、愛犬を熱中症から守ってあげましょう!

LINEで送る