最初は一つの出窓から 布佐イルミネーション物語

LINEで送る

布佐地区の冬の風物詩、寒い夜に心を温かくしてくれる一軒丸ごとイルミネーション。今年も点灯しました。

illumi-1「初孫の夜泣きがあって、何か喜んでもらおうと小さな出窓にイルミネーションをしたのが18年前。家の外にもイルミネーションをやりはじめたら、ご近所の方も喜んでくださるから楽しくて。今年はどうしようかと相談しながら1カ月かけて準備するのも毎年のことですね。」と奥様。始めは興味のなかった旦那様もいつしか一緒に準備をするように。「家の中は節電ですか?と心配されるけど、普通に生活してますよ。イルミネーションを始めてからいろいろな出会いがあって充実しています。震災の時は自粛を考えましたが、楽しみにしてるという声を頂き『いつでも夢を』を手作りしました。ここまで続けてこられたのは、見に来てくれる方々、地域の方、友人との出会いに感謝しているからです。」残念ながらイルミネーションは今年で『卒業』なので、見納めとなります。運が良ければ、素敵な家主ご夫婦とお話が出来るかも。

場所/セブンイレブン 布佐店駐車場隣
日時/大晦日まで毎日
※近隣は住宅街となっています。ご覧になる際はマナーを守りましょう。

illumi-2

LINEで送る