【ハテナ?】我孫子の何だろうを全力取材

LINEで送る

本町の通りに面した一角に、巨大植物があることをご存知でしょうか…

通学時の小学生に「おばけアロエ」と恐れられる、これは一体⁉

持ち主は本町在住の椎名さん。「最初は植木鉢のサイズだったんだけど。鉢が小さくなってきたから裏庭に植え変えたんだよ。そしたらぐんぐん大きくなってね。どうしようかと思ってたら、ここの土地が空いて、大きくなるだけなってみろ!って気持ちで移動させたんだ。そこから、さらに大きくなって、今は3m位になったね」肥料や水やりなども特にしておらず、自然にここまで大きくなったんだとか。

これはアロエなんですか?「よく言われるけど、違うんだ。アオノリュウゼツランって名前で蘭の一種だよ」アロエではなかった!!!「メキシコでは、縄やテキーラの原料に使われるらしいよ。暖かい場所の植物だから、夏のほうがシャキッと元気があるかな。でも、大雪が降っても倒れたりすることなんか全くないね、生命力が強いんだろうね。」と椎名さん。パワーと生命力にあふれた巨大植物”アオノリュウゼツラン”なんだかご利益ありそうですね!我孫子の新たなパワースポットに??

LINEで送る