第33回全国小学生陸上競技交流大会 100m 7位入賞!

LINEで送る

8月19日に日産スタジアムで行われた第33回全国小学生陸上競技交流会(全国大会)に千葉県代表として福田孝汰くん(湖北小・5年)が出場し、見事7位に入賞しました。
身長160㎝、体重57㎏、足のサイズ27㎝!の恵まれた体格と持ち前の運動神経で、我孫子市陸上競技記録会、1位。続く千葉県大会でも1位となり、千葉県代表に選ばれていました。今大会前に「全国大会へ行くのは、緊張するから行きたくない気持ちもあるけど…走ることが好きなので、決勝を目指したいです。」と話していた福田くん。

全国大会当日は、予選1回目から13秒45と県大会のベスト記録を縮める好走。続く準決勝は13秒48で3位となりましたが記録順で決勝へ進出。決勝では13秒44で7位入賞となりました。「県大会より緊張していて、3回とも走った記憶があまりないです、気づいたら終わっていました。千葉県代表になって友達がたくさんできました。大会中、他の競技を一緒に観戦して、とても楽しい1日でした。練習は好きではないですが、来年も全国大会へ出場できるように頑張りたいです。」と話してくれました。応援に駆け付けた湖北小陸上部顧問の佐々木先生は「入賞出来て本当によかったです。予選から、内心これは上までいけるぞ!と期待しながらレースを見ていました。なかなか練習時間が取れない中で、部活の時間より少し早く登校して、一つ一つの動きを丁寧に練習するなど努力した結果だと思います。福田くんは悔しく感じていることろがある様子なので、来年の活躍がいまから楽しみです。」

全国大会前の取材時にトラック競技用スパイクに慣れず、両足が痛いと聞いていましたが、そんなアクシデントもはねのけての入賞、本当におめでとうございます。努力は裏切らないですね、と先生がおっしゃっていたのが印象に残りました。ご活躍楽しみにしています。

LINEで送る